【大阪】おすすめの人材派遣会社比較5選!サポート体制が評判のさまざまな業種を取り扱った会社を紹介!

派遣会社での時短勤務とは?メリット・デメリットを解説

公開日:2021/08/15

昨今、正規雇用のほかに非正規雇用として、さまざまな種類の雇用形態が生まれています。その背景には、企業側の人手不足が大きな原因とされているのです。その中でもとくに、派遣会社による新しい形態である、時短派遣という形が注目を浴びています。この記事では、時短派遣とはどのようなものなのか紹介しましょう。

注目が集まっている時短派遣とは?

従来の派遣バイトや派遣社員の働き方は、通常1日8時間の休憩1時間、週5勤務が当たり前とされてきました。しかし近年、派遣の雇用形態に、新しい雇用スタイルが生まれたのです。その雇用形態は、時短派遣と呼ばれています。時短派遣とは人手不足の企業と、スキルはあるのに長時間は働けない主婦、または時短で働きたい派遣スタッフとのニーズが合致した新しい雇用形態のことを指しているのです。

時短派遣の主な雇用形態とは、1日に働く時間が数時間、週に3~4日程度の勤務時間で働く人のことをいいます。主に主婦など、フルタイムでは働けないけどスキルはある人向けの雇用形態として知られているようです。

時短派遣と聞いて、まず疑問に思うのが『パートと時短派遣ってどう違うの?』ということではないでしょうか。その答えは『直接雇用』『派遣契約』という違いにあります。パートは直接雇用されているため、パートタイム労働法という法律で守られているのです。パートタイム労働法によると、『1週間の所定労働時間が、同一の事業所に雇用される通常の労働者に比べて短い労働者をいう』とされています。パートに対して時短派遣は雇用主が派遣会社になるため、パートタイム労働法の枠外として扱われるのです。同じような勤務時間であっても呼び方が異なるのは、雇用形態が理由になっています。

時短派遣のメリット・デメリット

では、時短派遣のメリットとデメリットについて詳しく紹介しましょう。

時短派遣のメリット

・働きたい女性の活躍の場が広がる
働く意欲のある意識が高い女性でも、出産や育児、介護などでどうしても職場を離れなくてはならない時期があるでしょう。そのような時は仕事以外で負担がかかるため、フルタイムでは働きにくくなります。そこで社会復帰する前段階として、時短派遣という選択も視野にいれておいたほうがよいでしょう。パートとは異なり派遣スタッフのスキルがある雇用が前提であるため、プライベートでの負担が減った時に社会復帰しやすい傾向にあります。

・スキルの高い人材を時短派遣で派遣できる
これは派遣先の企業側の意見ですが、派遣は基本的に時給が高いので、よほどのことがない限り雇いたくないのが企業側の本音です。しかし時短派遣の場合は、最初からスキルを有している人材が派遣されるため、スキルが欲しい時間帯にだけ出勤してもらえる時短派遣はとても重宝されます。

時短派遣のデメリット

・長い時間働けない
当然といえば当然ですが、長い時間働けないのがデメリットです。そもそも長時間働きたい人が時短派遣に登録する機会はあまりありませんが、派遣会社に登録したばかりの人は雇用形態を慎重に選ぶ必要があります。

・男性は雇用しづらい傾向がある
そもそも女性のための雇用形態という意識が前提にあるため、男性が時短派遣をしようとしても採用されにくい傾向にあります。ゼロとはいいませんが、女性よりは採用率が低くなりがちです。

・新しくできたばかりの雇用形態なので、派遣先の理解が及ばない可能性がある
時短派遣という雇用形態は、派遣業界に浸透していないということもあり、雇用先の現場では、上手く時短派遣スタッフを使いこなせない可能性があります。そのような時は、積極的に時短派遣のメリットを相手に伝える努力が必要となってくるでしょう。

時短派遣社員のこれから

時短派遣社員が活躍できる職種については、今後も模索する必要があるでしょう。というのも、まだ新しい雇用形態として認知されているので、日々修正を繰り返してブラッシュアップして、より働きやすい雇用関係を築けるようにしなければいけません。現状、オフィスワークが中心となっている時短派遣ですが、職種自体も増やす努力をしたいところです。

たとえば研究員などの特殊なスキルをもつ専門職の雇用も広げる必要があり、雇用先と時短派遣とのニーズのマッチも今後は課題になっていくでしょう。時短派遣という働き方が今後進化し続けるのか廃退するのかは、今後の人材派遣市場の動向によって変わります。しかし時短派遣という働き方に関しては、需要と供給のバランスが活きているうちはどんどん活用したい雇用形態です。

 

今回は、時短派遣の働き方について紹介しました。働き方の多様化を求める一方、需要と供給があわずに衰退した雇用形態も少なくありません。時短派遣という雇用形態も上記に漏れず、常にいつなくなるかがわからない今こそ、利用できるときに上手く活用するようにしましょう。自身のスキルアップはもとより、貴重な経験が得られるので、まずは行動してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索

大阪のおすすめ人材派遣会社5選

イメージ
会社名株式会社2peace株式会社 大阪人材センター株式会社アウトソーシング日研トータルソーシング株式会社株式会社ホットスタッフ
特徴近畿エリアの求人に強い!仕事探しから面接後まで丁寧なサポートさまざまな雇用形態を駆使しながら適材適所を追求する人材サービス職種によって異なる求人サイトを運営!全国だけではなく、海外へも展開職種別の4つの仕事情報サイトがあり、サポート体制が充実幅広い職種を数多く扱い、充実した福利厚生がある全国展開の人材派遣会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく