【大阪】おすすめの人材派遣会社比較5選!サポート体制が評判のさまざまな業種を取り扱った会社を紹介!

派遣社員は副業しても大丈夫!派遣が副収入を得る際の注意点とは?

公開日:2021/03/01

派遣社員として働いているが、収入を増やすために副業したいと考える方は多いようです。しかし、派遣社員が副業をすると、法的な問題があるのではないかと不安になる方も多いのではないでしょうか?基本的に派遣社員が副業を行うことは問題ありませんが、会社の就業規則に従うことは大切です。今回は派遣社員が副収入を得る際の注意点を解説します。

本業に支障が出ない範囲で副業する

派遣社員が副業をする場合、「そもそも副業は悪いことではないか?」と心配になる方も多くいるのではないでしょうか。しかし、派遣社員が副業を行うことは、法律的に問題はありません。ただし、副業を行う際に重要なのは、本業に支障をきたさない範囲で副業をするということです。

副業はあくまで副業であるため、本業がおろそかになってはいけません。たとえ会社の就業規則で副業が禁止されていないとしても、規則をよく読んでみると「損害を与えるものを禁ずる」などの一文が記載されていることも多くあります。複数の仕事をかけ持ちすることは、心身に負担がかかるため、無理をしてしまい体を壊すことなどがあっては本末転倒でしょう。本業の時間と副業の時間だけでなく、疲れを取りリフレッシュするためのプライベートの時間など、時間配分には気を付けなければいけません。

近年では、副業にもさまざまな形態が登場しています。たとえばクラウドソーシングや投資・資産運用、アフィリエイトなどは、業務を行う上で出勤する必要がありません。そのため、自分のペースに合わせた副業として人気があるようです。自宅にパソコンがないという方でも、スマートフォンを使ってできる業務も増えているため、気になる方はチェックすることをおすすめします。

時間に融通がきく仕事を選ぶ

本業に支障が出ない範囲で、本業の時間と副業の時間、プライベートの時間といった配分に気を付けながら副業を行うという場合、優先したい副業の条件は時間に融通がきく仕事であるという点です。シフトを組むような形で拘束時間が決まっている業務を副業にすると、本業が忙しい時期などに休息を取ることができずに、心身に不調をきたしてしまう恐れがあります。そのような事態に陥ってしまうと、本業、副業両方の仕事先に迷惑をかけてしまうことになるでしょう。

たとえ副業が禁止されていない派遣会社に就労しているとしても、会社に損害を与えているとして就労規則に抵触しかねません。副業を選ぶ際にはスキマ時間を利用でき、自分のペースで仕事量を調整できるようなものを選ぶようにすると、本業とのバランスが取りやすいといえるでしょう。この場合も、クラウドソーシングや投資・資産運用、アフィリエイトなどは、自分のペースに合わせられるという点で人気の副業となっているため、候補に入りやすい仕事として注目されているのです。

確定申告を忘れないようにする

働いている以上は派遣社員であるか正社員であるかを問わず、所得税を確定させるために年末調整を行って、確定申告をする必要があります。なお、派遣社員の場合は派遣元企業から給与の支払いを受けている関係で、年末調整を派遣先企業ではなく派遣元企業が担当しているようです。この際に納税予定額が算出されるため、場合によっては派遣元企業に副業をしていると知られることになるかもしれません。

もちろん就業規則に反していないのであれば、派遣元企業に副業をしていると知られること自体に問題はありません。しかし、なかには副業をしたくてもできない環境下にある人もいるため、もしかすると何かの拍子にトラブルのきっかけとなってしまうことも考えられます。

もし副業をしていることを派遣元企業や他の人に知られないようにしたいという場合は、確定申告を自分自身で行うということを派遣元企業に申告し、自分で確定申告を行うようにしてください。補足として、1年間に20万円未満の収入であれば納税の義務が発生しないことから、確定申告をする必要はありません。ただし、不用品を売買できるフリーマーケットアプリなどで売り上げを上げている場合にも、1年間に20万円以上の収入が発生しているのであれば、必ず確定申告をしなければいけません。忘れないように注意しましょう。

 

収入を増やすために副業を考える派遣社員の方は多いものですが、法律の観点からみると副業をしても問題ないという点は安心でしょう。ただし、就業規則に副業を禁止する旨が盛り込まれている場合には、従うように気を付けなければなりません。また、就業規則で副業が許可されている場合に関しても、本業に支障が出るような副業の仕方は周囲に迷惑をかけてしまうため、行わないように注意しましょう。

副業をすることは本業以外にも業務を行うということなので、どうしても心身に負担がかかります。本業の時間と副業の時間、プライベートの時間の配分を考えられるような時間に融通がきく仕事を選ぶことが重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

大阪のおすすめ人材派遣会社5選

イメージ
会社名株式会社2peace株式会社 大阪人材センター株式会社アウトソーシング日研トータルソーシング株式会社株式会社ホットスタッフ
特徴近畿エリアの求人に強い!仕事探しから面接後まで丁寧なサポートさまざまな雇用形態を駆使しながら適材適所を追求する人材サービス職種によって異なる求人サイトを運営!全国だけではなく、海外へも展開職種別の4つの仕事情報サイトがあり、サポート体制が充実幅広い職種を数多く扱い、充実した福利厚生がある全国展開の人材派遣会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく